18, 10月 2014

叶わないから夢なのか。

自分も(世間的にも身体的にも精神的にも)そこそこ良い年齢なのですが、何歳になっても将来(という表現が正しいのかどうかはともかく)のことを考えます。学生でいる内は、あるいは共に生きていこうと考える他人がいない内は、自分の人生は自分だけのものという感覚で、しかも今の自分のことしか考えなくて良いと、何故か漠然とそう思っていました。
それでも、やはり先述のような条件が揃うと、それもままならないというか、価値観の転機のような瞬間が訪れます。
今の自分のためだけに生きるのは止めなくてはいけない、そろそろ未来の自分のために頑張ることをしなくては。そんな風に考えるようになりました。
現時点では、この世を去るときに孤独ではないことが理想です。この理想は、もしかしたら「夢」と呼べるほど壮大で輝いているものではないのかもしれませんが、ご大層な職に就くよりも遥かに達成が困難だと思うのです。
その夢を叶えるために何をしたらいいのか、参考書もありませんしね。

コメントを残す